平均的日本男性

暇つぶしのドキュメント

約1分で読める記事を中心に、やってみた/試してみた暇つぶしを系統別でご提案!

【神映画】『スパイダーマン ノーウェイホーム』でひとつの物語が完結した(ネタバレ有り)

興奮しっぱなし!

スパイダーマン』完結!

映画『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』

2022/1/7に日本で公開されました。

 

正直、神映画すぎました。

 

予告編でもその兆候は見て取れましたが

やはり最高に最高な映画でした。

 

特に、旧作のスパイダーマン

マグワイア版とガーフィールド版)

見てきた年代の人は

がっちり心を掴まれること間違いなしです。

 

興奮冷めやらないので

個人的レビューをしていきます。

映画



 

 

ネタバレありレビュー

簡単なあらすじ

前作『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』で

スパイダーマンの正体がピーター・パーカーである

ということが全世界に知れ渡ってしまいました。

また同時に、敵役だったミステリオ殺害の

疑いまでかけられてしまいます。

敏腕弁護士のおかげで不起訴にはなるものの

世間の目は厳しく、ピーターのまわりの人にも

様々な迷惑を掛けてしまいます。

どうにか事態を解決しようと考えるピーターは

戦友のドクター・ストレンジを訪ねます。

そこで彼に「忘却の呪文」を

世界にかけてもらい、世界のすべての人の記憶から

スパイダーマンの正体がピーター・パーカーである

という記憶を消してもらうことにしました。

早速、呪文に取り掛かるドクターでしたが

呪文の最中、ピーターが「親友や彼女には

忘れてほしくない」など、次々依頼したことで

呪文は失敗。呪文が暴走した結果、

マルチバース(多元宇宙)が展開されてしまい、

ピーター・パーカーを知る別次元の

ヴィランを呼び寄せてしまう

と言う所から物語が展開していきます。


www.youtube.com

 

 

 

なんと、あいつらまで…

この映画の一番の見所はなんと言っても

映画の旧作とのクロスオーバー。

 

予告編でもわかるように

ドクターオクトパスやグリーンゴブリン、

エレクトロやリザードとの交戦が

最高に熱い展開だと思います。

(上の添付動画の2:15~)

 

しかし、公開前から

ずっと言われていたように

「旧作のスパイダーマンは出演するのか」

という点だけはヴェールに包まれていました。

 

正直、権利の問題とかで

出演は難しいんだろうなと

見る前までは思っていましたが…

なんと!

なんとなんと!!

 

………

 

 

 

 

 

 

まぁ映画本編を見ればわかりますね!

とは言え、上の添付動画の2:15の

場面はなかなかに練られた構図です。

 

 

 

スパイダーマンは「親愛なる隣人」

呼び寄せてしまった別次元のヴィラン

それぞれの作品内で死んでしまったり、

どこか精神的ダメージを負っていたりします。

また、旧作のスパイダーマンたちも戦いの中で

叔父さんや恋人を亡くしてしまったりと

こちらもトラウマのようなものを抱えています。

 

そして今作のスパイダーマン

呼び寄せたグリーンゴブリンとの戦いの中で

育ての親であるメイおばさんを亡くしてしまいます。

 

絶望に打ちひしがれている中、

メイおばさんの残した

「大いなる力には大いなる責任が伴う」

という言葉に加え、

様々な葛藤もある中、メイおばさんが望む

「みんなを救う」という選択肢。

さらに“あること”もきっかけとして、

今作のスパイダーマン

ヴィランすらも救ったうえで

元の世界に戻すことを決意します。

 

そうです、スパイダーマン

どんなことがあってもやっぱり

「親愛なる隣人」なんです。

 

もちろん、悪人を悪人のまま

元の世界に戻すという選択肢もありました。

しかしそれをしなかったのは

スパイダーマンなりの葛藤の上での選択、決断。

そこには彼の未熟さも表されているようでした。

 

だからこその「親愛なる“隣人”

なのではないかと思いました。

 

また、それぞれのトラウマも綺麗に

回収&克服していく様は、シリーズ物として

歴代スパイダーマンファンの心も

救っていくようでした。

 

 

 

最後まで飽きさせない

ラストはハッピーエンドではあるものの

物悲しさも覚えるような結果。

それこそ視聴しているこちら側も

彼の正体を忘れてしまうかのような…。

 

さておき、これでスパイダーマンの物語は

きれいに完結したと言っていいと思います。

ほんとに鮮やかなまでのストーリーでした。

 

そして、最後はお馴染みの

ミッドクレジットとエンドクレジット。

 

ミッドクレジットでは

映画『ヴェノム』のエディ・ブロックが登場。

どうやら今後、ヴェノムとの共演も

ありそうな演出でした。

 

エンドクレジットでは

ドクター・ストレンジの続編予告。

この映画でマルチバースがどう展開していくか…。

2022/5/4日本公開とのこと。今後も目が離せません。

 

 

 

まとめると

歴代作品を見ている方は

是非、映画館で見てほしい

ということです。

 

もちろん、トムホ版しか知らない人も

十分に楽しめます。

しかしなにより伝えたいのは

歴代のスパイダーマンファンの方こそ

見るべき映画である、ということ。

 

また、各シーンの戦闘場面も

かなり見ごたえがあるので、

ぜひ映画館での鑑賞をしていただきたいです。

 

本当にここまで

関心、驚き、興奮、感動、悲しみ、寂しさが

あった映画は初めてかもしれません。

それほどに価値のある映画でした。

 

見終わった後、登場人物たちとの別れが

ちょっぴり悲しくなってしまうような、

そんな鑑賞後感でした。

 

 

 

気になっている方は、早めに映画館で

鑑賞することをおすすめします。

 

おわり