簡潔に

メーカー勤務のゆとり世代が日々考えることや身の回りのことを書いていきます。

これって結局は僕の好きな色なんですかね?

今週のお題「わたしの好きな色」

f:id:miunderbar:20190625011517j:plain

好きな色は?って聞かれても

そんなもんだいたいは、

青とか赤とか緑とか黄色ですよね。

あとはオレンジ、ピンク、水色くらいか。

 

 

 

僕も強いて言うなら青かなー

青って火で言うと

赤より温度高いじゃないですか

しかも赤はこう、

ゴォ~って感じで燃えてますけど

青は静かにこう、

スっと燃えてる感じあるじゃないすか(?)

だから青が好きです。

 

 

 

日本全体で見ても青系好きな人が

多いんじゃないかな~と思います。

服も、だいたい青とか紺っぽいやつが

売れていたりしがちな気がします。

なにかの歌でも、

「無意識にネイビーブルーを手にとってしまう」と

ありました。

あるあるだなぁと思ったのは

僕だけじゃないですよね?

 

 

 

な~んて思ってたんですけど、

はてなブログでほかの人の記事見てると

意外とみなさん色々な色がお好きなようです。

なかには「それほんとかい?」って色も。

 

色にこだわりがある人もたくさんいるんだな。

僕は色って言ったら、

自分の服の色くらいしか気にしたことないや。

しかも“気にする”って言っても、

他人の目につかないネイビーブルー系を

無意識に選んでいるだけだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

はっ! これは選んでいるんじゃない…!

無意識に選ばされているんや…!

なんと力なき大人なんや僕は…!

と気付かされた今週のお題でした。

おわり

色々考えた結果の さいきょうのかぐ

一人暮らしの人って家具はなに使ってますか?

僕の場合、ごみ箱とベッドと服の棚とテレビ台くらいですかね。

でもこれらって意外と高いし、引っ越しの際もかさばるし

住む部屋が変わるとレイアウト的に

合わなくなったりすると思うんですよ。

 

なので

ぼくがかんがえた さいきょうのかぐ

を発表します。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

・ごみ箱

 

 

 スツールというものらしく、本来は収納ボックスの模様。

こいつのいいところは、

・20ℓくらいのごみ袋がちょうど入る

・蓋が木の板なので座れる

(60㎏くらいの僕が座って問題なし)

・見た目がダサくない

かつてごみ箱でこんなに利点あるやつありました?

僕は色違いで2つ買って、ごみの分別もしつつ

一方に座り、もう一方をテーブル的に使ったりもしてます。

 

 

 

・ベッド

 

 

 

 

 も~ベッドは移動が大変だし、なにかと高い!

そんな風に考えるのなら、ベッド一式じゃなく

すのことマットレスで十分なのです。

この2つのいいところは、

・二つ折りできて省スペース、かつ

 移動もしやすい(=模様替えしやすい)

・2つ買っても2万ちょいくらい

ただしマットレスに腰かけるときは

少し低いかなと感じてます。

もっと高さのあるマットレスの方がいいかも。

 

「あ~でも寝転がった時に頭側になにかしらの

台みたいなものが欲しい」という欲張りさんの場合は、

もう一つ下の項目で挙げるアイテムを購入すれば解決です。

 

 

 

・服の棚とテレビ台

 

カラーボックスです。

(アマゾンで買ってないのでURLはないです。)

ニ〇リで買いました。

イメージ図としてはこんなん。

ベッドの頭側もこれで作ればOK

f:id:miunderbar:20190624002427j:plain

イメージ図

いろいろバリエーションがあるので

ちゃんと部屋の長さとか測れば

ちょうどいい感じに仕上がります。

こいつのいいところは、

・なにより安い

・移動がしやすい(=模様替えしやすい)

・いろいろ入れられるし

 台としても使えて、使い勝手がいい

引っ越すことになってテレビ台とかいらんな

ってなってもカラーボックスならなにか

使い道ありそうだしね。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

・まとめ

 

どうでしょうか。

一人暮らし始める前に色々考えた結果、このような家具選びになりました。

なにかしら参考になれば嬉しいです。

おわり

 

タピオカを通して流行というものを考える

f:id:miunderbar:20190622172009j:plain

最近世間はタピオカまみれですね。

日本だけの流行でなく、中国とかでも飲まれてますね。

少し前に、中国の女の子がタピオカジュース飲みすぎて

消化しきらず病院に搬送されたとかのニュースもやってました。

いやそれ飲んでたの本当に本物のタピオカか…?

と思わせるのは中国だからかな。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

タピオカブームで思ったのは

人は「流行」に弱いなぁということ。

だって実際、タピオカジュースって

並んでまで飲むほど、美味しさとしてはそんなにじゃないですか。

 

僕が思うに、なんで流行ったかというと

おそらく最初は“物珍しさ”だと思うんです。

最初にタピオカジュース飲もうと思った人は、

「なにこれ珍しー!」と思ってタピオカジュースを飲み

それを見たほかの人が、

「なにそれ珍しー!」と思ってタピオカジュースを飲み、

といったサイクルだと思うんですよね。

あとはもう「このビッグウェーブに乗らなきゃ」

精神な人たちが我先にとタピオカジュースを買い求めて

流行になっていくんだなと。

 

 

 

つまり、

物珍しさで火がついて

ビッグウェーブで流行になる。

我々は物珍しさと

ビッグウェーブに弱いのです。

すぐ “流されて行く”のです。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

とまぁそんな風に僕は思うので、そろそろ

この流行は終わるだろうと思います。

もう物珍しくもなければ、ビッグウェーブがいつまでも

続くわけないですからね。

 

ちなみに僕は、というかソロ男子全般だと思いますが

この流行があったからといってタピオカジュースは飲んでません。

なぜなら一緒に飲みに行ける人がいないからです。

 

 

 

…流行について考えるとかじゃなくて

先にもっとやるべきこと考えるべきことが

あるよなぁ…はぁ~…

 

寛大な心の持ち主が増えれば幸せやん

麻生太郎さんが仕事中に足を組んでいるってことで

ツイッターリツイートされてました。

 

目立つ人ってのは大変だなと思ったけど

それより、そんなことに目くじら立てて

批判調なツイートする人って

普段なに考えてるんだろうなと感じました。

仕事中に足組んでなんか悪いの?

やっぱり政治家は品行方正でないと

許されないものなの?

 

 

なんかこのツイートのことに限った話ではないけど

息苦しくて窮屈な世の中になってますよね~。

子供の声がうるさいって理由で保育園等に苦情入れたり、

少しばかり危ないから公園の遊具撤廃したりとか、

ちょっと炎上するような行為したら徹底的に

叩き潰すような風潮だったり。

 

もともとこういった国民性だったのが

SNSの発達で明るみに出やすくなってるのか、

それとも近頃みんなの心に余裕がなくなってるのか…

考えれば考えるほど残念な気持ちになりますね。

 

 

 

僕は政治家が足を組んでようが

なにも批判することはないと思っています。

そりゃあ足くらい組みますよ、人間ですもん。

というか足組んでいるかどうかとか、

漢字が読める読めないとかって、

いちいちピックアップする価値もないじゃんと思います。

 

とはいえ世の中にはいろいろな人がいるので

今後もそういった些事に神経質に反応する人は

絶えないと思いますが、少しでも

心が寛大な人が増えることを望みます。

それで世の中が

いまより良くなるってんならそれって幸せやん?

 

おわり

アフターファイブになにするの?


みなさんは平日(金曜以外)の

アフターファイブってなにしてますか?

僕のアフターファイブを紹介します。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

・ス〇ブラ

 

闘争心を燃やします。

人生ってやはり闘いだと思うんすよ。

仕事とかで闘争心は燃えないので(ゆとりのため)、

スマ〇ラで人生の闘争心を補給してます。

“人生燃えてない=死んでないだけ” って

言ってる人もいますからね。

(ほんとうるせーって思いますけど)

みなさんは闘争心、燃やしてますか?

 

 

 

 

・ランニング

 

社会人って意識的に動かないとすぐ太ります。

僕はいやいやですが週1は最低走るようにしてます。

これほんと家出るまでの気持ち作りが大変なんですけどね。

でも「最近太ったな…」って人は

ぜひ、気持ちを作ってランニングすることをおすすめします。

気持ちを作れれば、

お金払ってジムとか行く必要はないと思います。

家の周りをランニングすると、

意外と身も心もリフレッシュされます。

 

 

 

 

・ひとりパーティー

 

 

miunderbar.hatenablog.com

 以前の記事でも紹介しましたが、

とくにひとりパーティーの内の

ひとりBBQは、アフターファイブに最適です。

(普段お酒を飲む人には非常におすすめ)

適当なお肉と野菜を買って、ベランダで焼くだけです。

それで飲むお酒は、格別…!僥倖…!

イメージとしてはこんな感じ↓

f:id:miunderbar:20190618232135p:plain

ひとりBBQ

みなさんもひとりBBQしましょう。

 

 

 

・まとめ

 

仕事して、帰ってご飯食べて、youtube(もしくはテレビ)見て、

お風呂入って、寝る。的なサイクル繰り返してませんか?

たまに普段と違うことやるとなんか充実感出ますよ。

とくにひとりBBQはおすすめというか

僕以外にもやってる人増えてほしいです。

また逆に、普通のサラリーマンの人はアフターファイブに

なにをやっているか教えてほしいです。

よろしくお願いします。

 

本当に世界中“誰とでも”つながれる時代なんだ

父の日でしたね。

みなさんは父親にプレゼントはあげましたか?

僕は久々に実家に帰り、お酒をプレゼントしました。

たまには親孝行するのも悪くないですね//

 

でまぁ久々に実家に帰って、ふとした瞬間に気付いたことを

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 ・父親がLINE使っているじゃないか

 

僕の父親は仕事柄もあってちょっと前までガラケー使ってました。

スマホ的な機能ごてごての機器はあんまり使わない

人だと思ってまして、父親がスマホに変えたときも、

「電話くらいしか使わないだろうになぁ」くらいに

思ってたんですが、なんとLINEを使ってました。

メールすら使い方あやしかったのに…!

なんかくやしかったです。

でも、人の適応力とスマホの使い勝手の良さには感服です。

 

 

・LINEでメッセージしている相手が〇〇じゃないか

僕の姪(姉の子供)でした。

まじかよ、もはや今の時代、

おじいちゃんとLINEする時代か…!

これが一番衝撃でした。

僕はおじいいちゃんおばあちゃんと一緒に住んだことないので

たまに正月とかに親の実家行った際に喋るくらいでした。

ほとんどの人がそんな感じじゃないですか?

それが今は

LINEでちょちょっと、

すぐに喋ることができちゃうんですよ…!

これってすごくない?

 

 

 

・思ったこと

 

親がLINE使ってる~、時代進んでるなぁ~

くらいに思ってたら、思わぬ伏兵でした。

でも、驚きもあったんですが、

これはすばらしいことだなぁとも思いました。

SNSやらなんやらが流行ってきて、

世界中のだれとでも繋がる時代になってきていましたが、

意外と身内とはコミュニケーション不足だと思うからです。

おじいちゃんおばあちゃんなんかなおさらです。

とくに僕がそうでした。

 

近いようで遠い身内の、

おじいちゃんおばあちゃんとも気軽に

つながれる時代ってすばらしいです。

 

ちなみに僕は父親のLINE知らなかったので

無言で電話番号検索して友達登録しました 笑

 

日本人は最終的に「宇宙人」になるかもしれない

生まれてこの方、国とか国境って当たり前にありますし

あるのが当たり前って思いこんでますけど

これってもしかして固定概念?

 

 

 

最近、坂本龍馬が題材の某漫画を読んでいます。

坂本龍馬土佐藩の人だったんですが、当時

藩というのは、今でいう国と同じ感覚だったそうです。

しかしながら竜馬は、黒船という外国の強大な力を見たため、

“日本”という視点を持ち、日本のために奔走したとのことでした。

そのとき、竜馬の師匠は勝海舟

この人が初めて「日本人」という言葉を使ったとか。

 

 

 

 

これって現代に当てはめることができるような気がします。

当時の人たちは、藩というものが当たり前でした。

現代だと、国って当たり前ですよね。

この二つは、同じ固定概念の気がします。

これに気付いて僕が考えたことは、

「そもそも国とか国境って、なくなったらなんか困るのかな?

なくなって困るのって

自分の住所が言えなくなるくらいじゃない?」

(さすがに言いすぎか)

 

 

 

 

 

とはいえ、ネットで世界中がつながり始めているいま、

国とか国境にしばられることないよね、

坂本龍馬の漫画を見て思いました。

 

もしくは当時の黒船みたいに、

強大な力を持った宇宙人がもし地球に攻めて来たら、

国という概念がなくなって

「地球人」になれるのでは?

いやもう飛び越えて

「宇宙人」になっちゃうのでは?

と考えた水曜日でした。

 

おわり